三宮マルキ葬祭

関西での葬儀、葬祭場に関してはお任せ下さい

41葬儀をして故人を見送るということの意味

葬儀というセレモニーを通じて、故人とお別れをする

親しい人が亡くなると、とても悲しいものです。
遺体をそのまま火葬して、お墓を用意し、またあらかじめ用意されたお墓に納骨することもできますが、一般的には葬儀というセレモニーを行って、故人とお別れをします。
葬儀は、その人や家の宗教によってやり方が異なっています。
葬儀をする上で大切なことは、故人と気持ちの上でお別れをするということです。

葬儀は気持ちのけじめとして今も重要なプロセスです

けじめをつけないと、いつまでも悲しい気持ちを引きずってしまいます。
しかし、きちんとお別れの儀式をして、遺体の顔を見て、故人に関わった親族や友人などの親しい人たちと故人の思い出話に花を咲かせて、そうして最後に火葬をすることで、気持ちに区切りをつけることができます。

家族葬を選ばれてもその思いは変わりません

できるだけ多くの人が故人を見送ってくれるのは、とても喜ばしいことですが、中にはひっそりと見送りたい人たちもいて、そういった場合には密葬であったり、家族葬が行われます。
葬儀の規模が大きくなると、発生する費用が高額になっていくだけではなく、亡くなったあとに親類などが故人と関係したであろう人にたくさん連絡をしなくてはなりません。
故人が著名人であったりする場合はなおさらです。

具体的な葬儀の進め方については葬儀屋さんにお任せするのが一番でしょう

葬儀を行うには、故人が亡くなったのち、葬祭屋さんに連絡をします。
そこで、どういったスケジュールや内容にするのか、細かいことを決めていきます。
値段によってできる内容も異なってくるため、価格とすり合わせて内容を決めていきます。
病院から遺体の搬送、自宅に安置している間の遺体の保全、また葬祭場へ運ぶ段取り、執り行い、関係者を運ぶ車、もしくはマイクロバスなどの大型車の手配など、細かいところまで手配してもらうことができます。終わった後の自宅の祭壇まで、細かいアフターフォローを受けることができます。

2013年07月25日

三宮マルキ葬祭新着記事一覧

葬儀をして故人を見送るということの意味
葬儀というセレモニーを通じて、故人とお別れをする 親

葬儀は遺された遺族と近親者のためのセレモニー
突然の葬儀に慌てないために 人の死というものは予期せ

家族葬を行う具体的なメリットは無駄な時間と費用と負担が省けること
お通夜と告別式に誰を呼ぶか 人が死亡すると、翌日の通

直葬や家族葬のメリットデメリット
直葬と家族葬の違いについて 亡くなった人の弔いはきち