三宮マルキ葬祭

関西での葬儀、葬祭場に関してはお任せ下さい

38葬儀は遺された遺族と近親者のためのセレモニー

突然の葬儀に慌てないために

人の死というものは予期せず、唐突に訪れる。
死期が近づいていると前もってわかっている病気の家族を抱えている人なら、多少は心の準備というものがあるだろう。
しかし、交通事故や不慮の死など、昨日まで共に語らい、笑い、怒り、泣き、日常生活をしていた人が、ある時いきなりいなくなってしまう。
訃報を伝える知らせを耳にしたその瞬間、言い知れない感情がぐるぐると渦巻いて、人はまず何をしたらいいのか思考停止に陥る。
その衝撃たるや、経験したものでないとわからないかもしれない。

葬儀は遺された遺族のために行われる儀式

とるものもとりあえず、真っ先にその死を自分の目で確認するために、遺体に会いに行き、死という事実を受け入れる。
最愛の家族や友人を亡くした場合はことさらだ。
もう二度と見つめて、話すことはない、その現実を受け入れるのはなかなか難しい。
その渦巻く感情を落ち着かせるために、葬儀はある。

葬儀の準備の忙しさの中で家族の死を受け止める人も居ます

淡々と葬儀の準備を行いながら、その人はもうこの世には存在しないのだという事実を受け入れ、自分の感情を静かに保つ。
いきなりの肉親の死に会い、取り乱す人もいるだろうが、そんなときは葬儀のプロである葬儀社の方に任せてしまうのもいい。
彼らはプロであり、様々な経験も積んでいる。
大体のこちらの希望や金額など伝えておけば、職人のようにテキパキと進めてくれる。
その様子を見ながら、今までのことを思い出しながら、故人のことにしばしひたるのも、悲しみを紛らわせる。
また、忙しくお別れの準備を進めていくことで、しばしその悲しみを忘れ、心に受けた傷もしばらく蓋をしてしまうこともできる。
人の不幸というものは、生きていく上で誰しも訪れる悲しい出来事であるが、こればかりは避けて通ることもできない。
きちんと葬儀をし、故人を送り出すことで、自らの感情の整理も徐々にしていく、重要な儀式なのだ。

2013年07月25日

三宮マルキ葬祭新着記事一覧

葬儀をして故人を見送るということの意味
葬儀というセレモニーを通じて、故人とお別れをする 親

葬儀は遺された遺族と近親者のためのセレモニー
突然の葬儀に慌てないために 人の死というものは予期せ

家族葬を行う具体的なメリットは無駄な時間と費用と負担が省けること
お通夜と告別式に誰を呼ぶか 人が死亡すると、翌日の通

直葬や家族葬のメリットデメリット
直葬と家族葬の違いについて 亡くなった人の弔いはきち